初めてのエリアトラウトルアー釣り 八王子で手ぶらの渓流釣り


初めてのエリアトラウトルアー釣り

八王子で手ぶらの渓流釣り

私が住んでいる八王子市は東京の郊外で、高尾山を代表する山々があります。
その山々にはきれいな水の渓流が流れており、渓流釣りが出来るスポットが多いです。

八王子の川で意外と難しい雑魚釣り遊び

以前は、餌を付けて雑魚釣りして遊んだこともありましたが、いつかは本格トラウトデビューしたいと考えていました。

そしてとうとう初の渓流釣りに挑戦

エリアトラウトと言われる管理釣り場に行ってきました。

北浅川恩方ます釣場でルアー釣り

八王子市内には「北浅川恩方ます釣場」「浅川国際マス釣場」という二つの管理釣り場があります。

「北浅川恩方ます釣場」は自然の河川を区切り、本格的な渓流釣りに近い感じで釣りを楽しむことができます。釣り場の周辺には入漁券を購入して自然の河川で渓流釣りができるポイントもあるくらいです。

「浅川国際マス釣場」はポンド型と言うのでしょうか?
あまり渓流釣りには詳しくないのですが、池のような釣り堀タイプの釣り場です。

それぞれ特徴が違うようですが、以前「浅川国際マス釣場」には行っているので、今回は「北浅川恩方ます釣場」に行ってみました。


小さな管理棟で受付をします。

ちなみに、八王子市内にはもう一つ「恩方国際釣堀場」と言うのもありますが、こちらは珍しいブラックバスの釣り堀です。

釣りをしっかり楽しみたいならルアー釣り

「北浅川恩方ます釣場」は餌釣りとルアー・フライ釣りで釣り場が分かれています。

餌釣りはイクラやブドウ虫を使い釣るのですが、かなり釣れます。
私たちが以前に「浅川国際マス釣場」に行った時はイクラでやったのですが、持ち帰り上限の5匹を釣るのに10分もかかりませんでした。

「北浅川恩方ます釣場」は釣り堀タイプの「浅川国際マス釣場」よりは釣りの難易度は高いですが、それでも区画された中にすぐに魚を放流してくれるので餌を付ければすぐに釣れるでしょう。

私たちが行った時も餌釣り場は混雑していて小さな子どもでもどんどん釣り上げていました。


餌釣りエリアは結構人がいます。

しかし今回は釣りをしっかりと楽しみたかったのでルアー釣りに挑戦

ルアー・フライ釣りエリアは餌釣り場より下流側にあり、混雑はほとんどありませんでした。

「北浅川恩方ます釣場」なら手ぶらでルアー釣りができる

初めての渓流ルアー釣りと言うことでわからないことだらけでしたが、優しく教えてもらえました。

しかも、「北浅川恩方ます釣場」ではルアー付きのタックルをレンタルできます。
レンタル竿は1.2mくらいでしょうか。短めで初心者でも扱いやすいです。

ルアーは私が借りた竿には3.5gのシルバーのスプーンが付いていました。
他の竿ではスプーンの種類も違うようです。

タックルと一緒に魚を入れておくネットも貸してくれます。

まさに手ぶらで渓流釣りデビューができちゃうんですね。

トラウトデビューしたかったけど、よくわからないのでいきなり竿やスプーンなどの道具を買うのはどうかな、と思っていたので、まさにお試しにピッタリでした。

実は1個300円はするスプーンもアマゾンなら安いです。
レンタルのスプーンは1つしか無いので、こちらを買って持っていくとデビュー戦から楽しめますよ。

気になる釣果は・・・ボウズだけど楽しかった

さてさて、道具がレンタルできたのでいざ実釣です。

土日でしたが、ルアー・フライエリアは空いていて、一つの釣り区画に一組以下の低密度でした。

餌釣りコーナーは家族釣れでごった返していたので大きな違いです。

渓流のきれいな水をのぞき込むと・・・いるいる

ニジマスらしき魚の影が見えます。

泳ぎ回らずに、水深があるポイントで上流から流れてくる餌を待ち構えているようです。

トラウトの経験も無ければ知識も無いのでよくわかりませんが、とりあえず魚の前をスプーンが通るように投げてみます。

川幅は10mも無いくらいなので初めてでも簡単に投げられます。

スプーンの重さが良く分からないですが、すぐに水底に沈むような感じ
でも、根掛りはしませんでした。

底や浅い場所など色々なタナを責めてみます。

魚影が自分のスプーンを追いかけてくる感じもわかります。

楽しい

そしてアタリも・・・

でも、残念ながら自分の実力ではここまで
5時間くらいやって2回の当たりまででした。

もっとタイミングよく合わせないといけないのでしょうか?

特に昼前後に追加で魚を放流してくれて、元気のいいスレていないマスは反応も良かったです。


養殖用の池には魚がうようよ。
ここから川までバケツで運んで放流してくれます。

う~ん、また挑戦してみたいです。

まとめ

実際に釣り上げることはできませんでしたが、アタリもあり、非常に奥が深い釣りで面白かったです。
周りも苦戦している人が多かったようですが、フライフィッシングの人は入れ食いのようでした。

釣りの面白さももちろん、綺麗な川と山のきれいな空気で楽しい時間を過ごせました。

レジャーシートを持って行っていたので、ゴロゴロしたり・・・
周りも、結構そんな感じで楽しんでましたね。
バーベキュー的なことをしている人もいました。


東京都とは思えない長閑な景色

これが渓流釣りの楽しさかもしれません。

そして何より海と違い潮でべたべたしないし、コマセで汚れないのがいいですね。

次回はスプーンやクランクベイトなどを購入して、なんとか釣り上げたいと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました